春昼しゅんちゅう 
「お爺さん、お爺さん。」 「はあ、私けえ。」 と、一言で直ぐ応じたのも、四辺が静かで他には誰もいなかった所為であろう。そうでないと、その皺だらけな額に、顱巻を緩くしたのに、ほかほかと春の日がさして、とろりと酔ったような顔色で、長閑かに鍬を使 …
作品に特徴的な語句
ぱしら 穿ほり かと びら よッ ぶッ めくるめ 嫉妬やく したたり 彩色さいしょく ゆれ つか かたえ げん なあに したご だまり もっと うつくし みず おでこ しりえ せなか きまり 七八ななやっ ちと いえ かぶり しょう おッ 何処どっ そっ うらやまし うしろ かお こう 差違さしちが かな さが 莞爾にこ 真個まこと すだ おっこ とこ 精々せっせっ いだ 筋向すじむこ かん せつ しま ひらった しめ あやぶ すなわち ちっ とおり 眼前まのあたり 真箇まったく さだま 貴下あたた づめ こまやか けわし けぶ じゅ おこな なつか かなぐ やわらか 蜘蛛ささがに にじ おおき 取廻とりまわ とん こころざ しのび こうべ むくい 心持ここち 一条いちじょう 堤防つつみ 破目われめ もえ あかる ことば なぞ ためし しゅ さい 唯一ただひと こう 牛車ぎゅうしゃ まば
題名が同じ作品
春昼 (新字新仮名)太宰治 (著)
春昼 (旧字旧仮名)太宰治 (著)
春昼:――敍情小曲―― (旧字旧仮名)萩原朔太郎 (著)