春昼しゅんちゅう 
「お爺さん、お爺さん。」 「はあ、私けえ。」 と、一言で直ぐ応じたのも、四辺が静かで他には誰もいなかった所為であろう。そうでないと、その皺だらけな額に、顱巻を緩くしたのに、ほかほかと春の日がさして、と …
作品に特徴的な語句
活々いきいき 美濃みの 背戸せど 羽目はめ もも 浅黄あさぎ 藁草履わらぞうり 日数ひかず 夜寒よさむ 布子ぬのこ 耳許みみもと 野良のら 加減かげん 惜気おしげ 木樵きこり 樹蔭こかげ 蚊遣かや 沙漠さばく 緋縮緬ひぢりめん 冷汗ひやあせ はく 皆目かいもく 途絶とだ 筑紫つくし 軽業かるわざ 冥土めいど 瑪瑙めのう 谷間たにま 馬士うまかた 一室ひとま 可懐なつか 越前えちぜん 透間すきま 不躾ぶしつけ 沙魚はぜ 一筋ひとすじ 御手みて 引緊ひっしま 御仁ごじん かめ みどり 逗子ずし 際立きわだ 一足ひとあし 追々おいおい 討死うちじに 紅蓮ぐれん かき 仕来しきた 愚昧ぐまい 敷居しきい 一叢ひとむら 辞儀じぎ 窮屈きゅうくつ もず 麒麟きりん どじょう 一揆いっき 井戸端いどばた 奥床おくゆか 爪尖つまさき 経文きょうもん 最寄もより 雨露あめつゆ みまわ 浅草あさくさ 入相いりあい 抵当ていとう 拍子木ひょうしぎ 眺望ながめ 突当つきあた 本望ほんもう 破目われめ 紙入かみいれ 騒々そうぞう のき 惚々ほれぼれ 神仏かみほとけ 結縁けちえん 崩折くずお 渾沌こんとん 鎌倉かまくら しとみ かがり 今時いまどき 途切とぎ 串戯じょうだん 世辞せじ すみ 爪立つまだ 墨染すみぞめ 差当さしあた 丹塗にぬり 或時あるとき 紺青こんじょう かわ 入日いりひ
題名が同じ作品
春昼 (新字新仮名)太宰治 (著)
春昼 (旧字旧仮名)太宰治 (著)
春昼:――敍情小曲―― (旧字旧仮名)萩原朔太郎 (著)