“差違”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちがひ18.2%
さい18.2%
さゐ18.2%
ちがい18.2%
かはり9.1%
さしちが9.1%
さしちがい9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
崋山の手紙も今ではそんなに値段が高まつて来たが、以前素麺箱に一杯で、たつた十円の時代もあつた。——断つておくが、素麺の値段は、今とその頃と大した差違はない。
この大小差違地震性質により、關係地方地形地質によつても一樣ではないが、多數場合平均していふならば、主要動たる横波
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
しかも其上に前述べた通り、国情の差違びに批評家の誇張などを念頭に置いて、是からトライチケを一瞥しやうとするのである。
点頭録 (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
もしいて違うところを詮議したら赤毛布をってるのとを着ているとの差違くらいなものだろう。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
尊父さん、尊母さんの心にもなつて見たら、今の私にはされないのは、決して無理の無いところで、子を念ふ親のは、何処の親でも差違は無い。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
用なしの身体ゆえ、客人が其処へ寄って、路傍に立って、両方ともやたらに飛車取替えこ、ころりころり差違えるごとに、ほい、ほい、と言う勇ましい懸声で。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
お鳥は時々谷川の水鏡を見て、次第に美しくなって行く自分の肢体と、山人達や、たまに里から来る人間と自分との間に、恐ろしい差違のあることを覚り始めました。
裸身の女仙 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)