点頭録てんとうろく
また正月が来た。振り返ると過去が丸で夢のやうに見える。何時の間に斯う年齢を取つたものか不思議な位である。 此感じをもう少し強めると、過去は夢としてさへ存在しなくなる。全くの無になつてしまふ。実際近頃の私は時々たゞの無として自分の過去を観ずる …
作品に特徴的な語句
あや いう てい かゞやき いづ しも 心組こゝろくみ づか 引合ひきあひ 羸弱るゐじやく 真向まつかう 所為せゐ あひだ ひそ ちゝ まぬ 左様さやう つひ くわん かゝ 独居どくきよ あや かへつ あた しん だけ ほしいま ひそみ こゝろざ どころ ひと うしろ すぎ 何方どつち つもり やむ いく 差違さゐ 差支さしつかへ くは おこ かけ こひねが 左様さう ぶん もつぱ かい こう おびや なま いと たしか にく 発心ほつしん しん 硝薬せうやく 所謂いはゆる わたくし ほゞ 畢竟ひつきやう 手際てぎは 年歯とし うかゞ 巴里パリー つい かか もつと 美醜びしう ぬぐ 如何いかん 老翁らうをう 正鵠せいこう 蹂躪じうりん 先刻さつき 獰猛だうまう きずつ かへ 標榜へうばう 這入はひ 遂行すゐかう 欧洲おうしう くらゐ 遣付やつつ はるか なみ かつ 鷲攫わしづかみ