“手際”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
てぎわ83.1%
てぎは16.1%
テギワ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「感心だなあ。よくそんなに一どきに飲み込めたものだ」と主人が敬服すると「御見事です事ねえ」と細君も迷亭の手際を激賞した。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
頬邊は、鹽梅つたばかりなんですけれども、ぴしり/\いのがましたよ。うまいんだ、貴女げる手際が。
艶書 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
いうまでもないが、戦は、切レ(兵家ノ熟語、開戦前ノ隔縁状態、或イハ退陣ニ際シテ追撃ヲ断ツ手際ナドニイウ)が大事じゃ。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)