吾輩は猫であるわがはいはねこである
吾輩は猫である。名前はまだ無い。 どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であ …
作品に特徴的な語句
あた ながさ あた ふと ねらい ぜん わたく はん とこしな むっ のっ じょう ぼう いい おおせ ぴら なあ わた しば たき とう きわま 所謂いわば 相互あいご 使 うっ きつ ぺら かたじけの かた きょく ほしいま あっ 御母おか なんに 明朝あくるあさ ぺん あげ こう 出会でく ゆる だて こた おも つらま おお ぱし べん しょう ばり めい のぶ ゆう ごえ ぞこな すす こう とこし ねん じゅう あた ちょう