吾輩は猫であるわがはいはねこである
吾輩は猫である。名前はまだ無い。 どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそ …
作品に特徴的な語句
気魄きはく 満更まんざら 烏賊いか 裸足はだし 敵愾心てきがいしん 俳諧はいかい 野分のわき 牡蠣かき たが どんぶり 面長おもなが 沢庵たくあん 納得なっとく 素足すあし 裏店うらだな 一喝いっかつ 囲炉裏いろり 従容しょうよう 突兀とっこつ あと 唐桟とうざん 脱兎だっと 博多はかた 韋駄天いだてん 披瀝ひれき 物憂ものう 物識ものし いつ 堪能かんのう 金槌かなづち たみ 胡麻塩ごましお 鵜呑うのみ かも ちん 譴責けんせき 袖口そでぐち かけひ 胡麻化ごまか 芝生しばふ 野良のら 小倉こくら 度毎たびごと 謀叛むほん 銅鑼どら 惜気おしげ 鞭撻べんたつ 膏薬こうやく 吾妻橋あずまばし 山羊やぎ 布団ふとん 沙漠さばく 混沌こんとん 造詣ぞうけい 章魚たこ 白木しらき 閑暇ひま はく 権柄けんぺい 満腔まんこう 目貫めぬき 馬子まご わく 百日紅さるすべり 神楽坂かぐらざか 胡乱うろん 傾城けいせい 洗濯せんたく 牡丹餅ぼたもち 陳腐ちんぷ 雑魚ざこ 茫漠ぼうばく 大胡坐おおあぐら 冥土めいど 困憊こんぱい 八百屋やおや 人参にんじん 山葵わさび 弥生やよい 御法度ごはっと 路次ろじ 頭蓋骨ずがいこつ 眉目びもく 稀代きたい くすのき 言下ごんか 退治たいじ 頑張がんば 御蔭おかげ 抹殺まっさつ 気兼きがね 素袷すあわせ 脂下やにさが 述懐じゅっかい へい 灰汁あく 天秤棒てんびんぼう 奇特きどく 未曾有みぞう