“高”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たか83.2%
こう4.4%
たけ3.3%
だか2.9%
たこ1.2%
かう1.0%
0.8%
タカ0.6%
たかき0.4%
たかま0.4%
たげ0.2%
アッパー0.2%
たかさ0.2%
たかし0.2%
たかぶ0.2%
たっか0.2%
でけ0.2%
アパ0.2%
コウ0.2%
ハイ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし、そののいただきまでれるものは、ちゃんくらいのもので、ほかのには、がまわるほど、あまりにかったのです。
高い木とからす (新字新仮名) / 小川未明(著)
武蔵守師直というなじじいが、卜部の兼好という生ぐさ坊主に艶書の注文をしたなどというを生ずるに至っているのである。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「なにがえものか。によったら、いくらいのもんだ。——だがきょうはたところ、一はおろか、財布にゃ十もなさそうだの」
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
「どこかツーラかオリョル県あたりがいいな。……第一に、別荘なんかは要らないし、第二に、と言っては確かでなくちゃあね。」
富籤 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
「こちらのほうは、すこしうございます。こちらのほうは、すこしうございます。」と、おじいさんはいって、「しあわせ人形」と
気まぐれの人形師 (新字新仮名) / 小川未明(著)
情無い此我はよと、羨ましいがつひじて女房にも口きかず泣きながら寐ました其夜の事、五重塔を作れ今直つくれと怖しい人に吩咐けられ
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
「そうよ。民さんなんざあ腰が低いんじゃねえ、けえんだ。それだからどうも信用されねえんだね」「本当によ。あれでっぱし腕があるつもりだから、——つまり自分の損だあな」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
以来十春秋日夜転輾鞭影キミヲシ、九狂一拝精進御懸念一掃ノオ仕事シテラレルナラバ、オウ、ク、「アリガトウ」ト明朗粛然謝辞ノミ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
いづれの家にても雪は家よりもゆゑ、春をる時にいたればこゝろよく日光を引んために、をとる処のる雪を他処へ取除るなり。
一方には高利貸連中が小山さんなら何時でも安利で金をお貸し申すと大層な信用で、それが四方八方へ広まって小山の物堅い評判は段々りました
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
俺等みでえなもの、こんな田舎にいたんじゃ、うだつがあがらねぇ。田作れば小作料がえくって、さっぱり徳がねえし、馬鹿馬鹿し。
駈落 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
)と、三部に分れる初期の沙翁舞台——。その様式を復興しようとして、彼は二十年前の大正初年に日本を出発した。
オフェリヤ殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
中には半行も読まずに置きえるのもある。しばらくすると、なるものは小一尺のまで来た。抽出は大抵になる。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
有田さん、さんの体温表をもつて来てお目にかけて御覧なさい。
ママ先生とその夫 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
宮はやうやうを向けて、さてに起ちて、く礼するを、唯継は世にも嬉しげなる目して受けながら、なほ飽くまでもるを忘れざりき。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
こっちの手で、ハイ海へ落ちさっしゃるお日様と、黒門の森にったお月様の真中へ、くこう透かして見っけ。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そんな出来ねえ相談をたれちゃア困ります、御病人の前でえ声じゃア云えねえが、に寄ったら其様な事を機会にしてへ見せてくんろという事ではないかと思うと、誠に気が痛みやすな
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
私達はコルニッシュ街道の行手にモンテ・カアロが出現するのを待っていた。
踊る地平線:09 Mrs.7 and Mr.23 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
イテニアラズ
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
漸くゼーロンも必死となった如く、更にハードルを跳び越える通りな恰好で、弓なりに擂り鉢のふちを駆け続けて、いよいよ降り坂の出口にさしかかった。
ゼーロン (新字新仮名) / 牧野信一(著)