“凶”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
わる50.0%
きょう14.8%
きよう9.3%
あし5.6%
きやう5.6%
まが3.7%
よこしま1.9%
1.9%
きよ1.9%
けふ1.9%
1.9%
キョウ1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
帰したものなら帰って来なくちゃならねえのに一向帰らねえのは、愈々只事じゃあるめえというんで、つい色々とい方にも気が廻ったんです。
しかし、上使から高時の台命をきいてみると、やはりは凶であったが、自分の上に降りかかって来た凶ではなかった。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それは久米の発見によれば、麦酒罎の向うに置いてある杯洗や何かの反射だつた。しかし僕はとなしにを感ぜずにはゐられなかつた。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
ぐるりと三人、に夫人を巻いた、金の目と、銀の目と、紅糸の目の六つを、き星のごとくキラキラとの上に輝かしたが
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
文墨雅人も多しときゝしが、旅中するに皈家しゆゑ剌を入れざりしは今に遺憾とす。
ただ聞く、沼水けかたぶき
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
しかもに敗け、最後の勝利は公子に帰して、月桂樹は幼い天才に渡ります。——神よ、正しき者に幸あれ!
レモンの花の咲く丘へ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「だって、かれしかれ事件さえ起れば、あなたの懐中へお宝は流れ込むんで」
悪因縁の怨 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
調へ來り左右事はひ直さばずべしと申め兩人して酒宴せしが靱負は元よりゆゑ主が氣轉がんに氣を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
なんとせうぞのる。
桜さく島:春のかはたれ (新字旧仮名) / 竹久夢二(著)
いつも悲鳴に似て、なにかが凶がしく心細い気のするものだ。大ぶん天気が続いたあとのせいか、これからしばらくは、ついぞ好い日に恵まれなかった。
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)
イテニアラズ
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)