桜さく島さくらさくしま春のかはたれはるのかはたれ
暮れゆく春のかなしさは 歌ふをきけや爪弾の 「おもひきれとは死ねとの謎か 死ぬりや野山の土となる」 「春信」の 女の髪をすべりたる 黄楊の小櫛か 月の影。 「どうせ売られる身ぢやほどに 静かに漕やれ勘太殿」 秋の日は 赤い蜻蛉のかはたれに …
作品に特徴的な語句
かヽ はつか けふ みとみ あけ まあつ みぢ うへ づき しづ 小雀こすヾめ 人買ひとがひ 舞扇まひあほぎ すヾめ をんな 丈八ぢやうは きい 五月ごぐわつ こたへ ねつ なに ふか くれ 行灯あんど 揺籃えうらん ゆび 川柳かはやなぎ あひ はな 相生あひおひ こぎ すま らん 芝居しばゐ 花摘はなつ 旅籠やど 越後ゑちご 小櫛おぐし 長廊わたどの 人買ひとかひ なん そろ ひか むすめ あね むか あを 頭巾づきん 露草つゆくさ くろ そら まど 黄楊つげ くじ むぎ 約束やくそく あか かみ つる こん 紺屋こうや とり むれ かみ たか 駒鳥こまどり また かた こま 胸毛むなげ ひざ した かぜ おど かく かぶ おや 記臆きおく 黒猫くろねこ あか ぜに なが
題名が同じ作品
桜さく島:見知らぬ世界 (新字旧仮名)竹久夢二 (著)