“紺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こん98.9%
1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いえ、……お恥しいわけですが、ちょっと、事情があって、この春から柳ばしのおさんの家に、仕込みに預けてありますんで」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ノウノウと手足を伸ばしたに、枕元に掛けた背広の内ポケットから匕首拵の短刀を取出して仰向になったままを払ってみた。
冥土行進曲 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
見ると、の香のにおう法被の腰に、棕梠縄を帯にむすんで、それへをさした若いいなせな植木屋である。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)