“紺足袋”の読み方と例文
読み方割合
こんたび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
朝の手水を済ませ、浴衣がけにパッチ、紺足袋草鞋ばきという、どんなに汗をかいても心配のない、気楽な身ごしらえの出来上ったところへ
雲仙岳 (新字新仮名) / 菊池幽芳(著)
学校教育を受けつつある三四郎は、こんな男を見るときっと教師にしてしまう。男は白地の下に、鄭重に白い襦袢を重ねて、紺足袋をはいていた。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
床屋の奥に、紺足袋で、茶縞の侍と来た日にゃ、誰だって、に傷のあるやつなら、奉行所風と思うのは当りめえだ
治郎吉格子 (新字新仮名) / 吉川英治(著)