治郎吉格子じろきちこうし
湯槽のなかに眼を閉じていても、世間のうごきはおよそわかる——。ふた月も病人を装って辛抱していたこの有馬の湯治場から、世間の陽あたりへ歩き出せば、すぐにあしのつくというくらいな寸法は、なにも、気がつかずに立った治郎吉ではなかった。 素袷の肌ご …
作品に特徴的な語句
旅館やど がく 元結もとい 旅宿はたご あしら なまめ がれい ぬる 関心かま 鉄漿はぐろ けえ はず ばばあ はず さす ぎょ 提灯ぢょうちん 芸妓げいこ とっ 二包ふたつつみ つら 比較くらべ うれ ぬす 閨房ねや 眼交めま たま 蹴躓けつま 資本もと おんな かど まとま けえ ぐすり 手摺てず ふなべり のみ せん 煙草たばこ すす 理由わけ 生憎あいにく よう 田舎いなか かゆ かん 白浪しらなみ 目量めかた 真鍮しんちゅう にら 笑靨えくぼ 築山つきやま 米商こめあきな 素人しろうと 素袷すあわせ しぼ 網膜もうまく 緒口いとぐち すが わな はだ 肱掛ひじかけ 脇息きょうそく すね わき へそ 自暴やけ 青砥あおと かえ 退 邪慳じゃけん 邪推じゃすい 重松しげまつ 銀釵ぎんさい きり こじり おか 階下した 雑巾ぞうきん 鴉啼からすな びん 鯉口こいぐち まげ