“錐”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きり97.3%
ぎり1.3%
キリ0.7%
ドリル0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの人はそれから、椅子に腰をかけて、抽斗から紙撚をとり出し、レター・ペーパーの隅っこに穴をあけてそれをりこんだ。
いわばしゃあしゃあとしたもので、でも、主膳が出て行くと、子供たちは怖がって、表立って悪口は言わないが、眼を見合わせて三ツ眼の殿様と低能娘とを見比べたりなんぞする。
大菩薩峠:32 弁信の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
帆村は低くって歯をギリギリと噛みあわせた。左の腕に、をつきこんだような疼痛を感じた。
流線間諜 (新字新仮名) / 海野十三(著)
すると岡部は、むにゃむにゃと口をうごかし、(……あ、そうか。もぐら君、君の鼻に、を直結すれば、よかったんだな。なあんだ、わしゃ、そこに気がつかなかったよ。はははは)
未来の地下戦車長 (新字新仮名) / 海野十三(著)