未来の地下戦車長みらいのちかせんしゃちょう
かわった手習い 岡部一郎という少年があった。 彼は、今年十六歳であった。 彼の家は、あまりゆたかな生活をしていなかった。それで彼は、或電灯会社につとめて、もっぱら電灯などの故障の修理を、仕事としている。なかなか一生けんめいに働く一郎であった …
作品に特徴的な語句
いぞ のそ いい しょう 上靴じょうか とおり こころざ くっ おこな 毛布もうふ てき ドリル とら よく 筆跡ひっせき 寝台しんだい 手習てなら つの ほまれ あい ころが 発条はつじょう 昨日さくじつ こお 鋼条こうじょう めん かたわら 黒煙こくえん ゆか 平伏へいふく まき のち 上気じょうき 腕章わんしょう 中空ちゅうくう くさ 寝所しんじょ 落胆らくたん みぞ 失敗しま 天窓てんまど 大勝たいしょう まつり 外向そとむ いくさ ごえ かた 坑道こうどう ふう にな 嘆息たんそく にぎや さら えが まぶ にわ すみや 数値すうち 監理かんり はなは こう 瓦斯ガス 縁側えんがわ 猶予ゆうよ 異様いよう ゆる こぶ きね 独言ひとりごと ひも じい 納屋なや はず 渡世とせい 筆墨ひつぼく 発足ほっそく 溜息ためいき 白々しらじら 竹刀しない はし 祈願きがん りん ねむ にら まぶた しか 破格はかく 災難さいなん 真先まっさき 濛々もうもう すべ 燧石ひうちいし 注視ちゅうし あな