“大勝”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
だいかつ75.0%
たいしょう25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大勝”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
大勝だいかつ臺所口だいどころぐちへのらりと投込なげこむなぞはめづらしくなかつた。
夜釣 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
これは、大工だいく大勝だいかつのおかみさんからいたはなしである。
夜釣 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
そこでいよいよここに、○○国境を新戦場として、たがいほこりあう彼我ひがの精鋭機械化兵団が、大勝たいしょう全滅ぜんめつかの、乾坤けんこんてきの一大決戦を交えることになったのである。
未来の地下戦車長 (新字新仮名) / 海野十三(著)