新生しんせい
「岸本君——僕は僕の近来の生活と思想の断片を君に書いて送ろうと思う。然し実を言えば何も書く材料は無いのである。黙していて済むことである。君と僕との交誼が深ければ深いほど、黙していた方が順当なのであろう。旧い家を去って新しい家に移った僕は懶惰 …
作品に特徴的な語句
ひっくりか こわが きび とっ さとし むずかし むだ 老爺じいさん 放擲ほったらか はや 容貌おもばせ 周囲はた ささえ 混合まじりあ まわり 幼少ちいそ 外見がいけん はつ 矢張やっぱし 行方いきがた 微笑ほほゑ こご ゆす まみ うま いまわ 鴛鴦をし 敏捷はしこ 混合いれまざ いろ よそ くぐま ところ はず 附添つけたし いたま 邂逅めぐりあい きちがい 老婆ばあさん ゆすぶ ひやや 微笑えみ ふか かか こご ちか きざみ さば 容器うつわ 真心ハアト 闃寂しん いき 破片こわれ 可恐こお たった 通過とおりこ 取替とっか 顛倒ひっくりかえ 垂下たれさ あやぶ 饒舌おしゃべり おっしゃ わき ぶり 憤怒いきどおり 不可いけない 混合まざりあ 彷徨さまよい 引籠ひっこ もり たんび あた しまい 貫通とお ころ 脊髄せぼね ほっ ただち さま 出入ではいり おれ とこ さと ことわ 内儀かみさん 可傷いたいた おも