新生しんせい
「岸本君――僕は僕の近来の生活と思想の断片を君に書いて送ろうと思う。然し実を言えば何も書く材料は無いのである。黙していて済むことである。君と僕との交誼が深ければ深いほど、黙していた方が順当なのであろう …
作品に特徴的な語句
信濃しなの 同棲どうせい 几帳面きちょうめん 歯痒はがゆ 見遁みのが 鉄瓶てつびん 御機嫌ごきげん びん 深傷ふかで 稲妻いなずま 長火鉢ながひばち 伯林ベルリン 燭台しょくだい 凄味すごみ 裏店うらだな あと 羽目はめ 慷慨こうがい 錦絵にしきえ 御褒美ごほうび 唐桟とうざん 日数ひかず 芍薬しゃくやく 高輪たかなわ 亢奮こうふん きぬた 拳固げんこ 短冊たんざく 用達ようたし 年月としつき 開闢かいびゃく 格子戸こうしど 午過ひるすぎ 庫裏くり 香港ホンコン 度毎たびごと 惜気おしげ 浪花節なにわぶし 秩父ちちぶ 伽話とぎばなし 和泉いずみ 山羊やぎ 樹蔭こかげ 塹壕ざんごう 板塀いたべい 混淆こんこう 亜細亜アジア 麦藁むぎわら 忿怒いかり 百日紅さるすべり 目貫めぬき さかい 牢屋ろうや 睡気ねむけ 半襟はんえり 成行なりゆき 苗字みょうじ 武蔵野むさしの 無沙汰ぶさた 追分おいわけ 不忍しのばず 冬籠ふゆごも 香華こうげ 黄昏時たそがれどき 谷間たにあい 頑是がんぜ 透間すきま 夢寐むび 御蔭おかげ 緋鯉ひごひ 軒端のきば うずら 前垂まえだれ 脚気かっけ 呼鈴よびりん なし 相容あいい 立退たちの 遙々はるばる 建物たてもの 清楚せいそ 素朴そぼく 御挨拶ごあいさつ 思惑おもわく 齟齬そご 御手みて 窓際まどぎわ 際立きわだ しきみ 脂肪あぶら 蒟蒻こんにゃく 花弁はなびら 中洲なかす 宛名あてな 閃光せんこう 向日葵ひまわり 常磐木ときわぎ 硝子窓ガラスまど 隅田川すみだがわ 疼痛とうつう