“老婆”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ろうば31.1%
としより17.5%
ばあ7.8%
おばあ6.8%
らうば5.8%
ばあさん4.9%
ばゞ3.9%
おばあさん2.9%
ばば2.9%
ひと2.9%
ロツパ1.9%
ばばあ1.9%
ばあや1.9%
ばんば1.0%
おむな1.0%
ばうも1.0%
ばばア1.0%
ばゝ1.0%
ばゝあ1.0%
スコー1.0%
バン1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やがて一人の老婆が群衆のなかからよろよろと出てきて、片手を額にかざし、その下からリップの顔をちょっとのぞいて、叫んだ。
源太早くも大方察して老婆の心の中さぞかしと気の毒さらず、よけいなことしして我に肝煎らせし清吉のお先走りをり懲らして
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「御勝手の道具で、売って幾何にも成らないようなものは、皆なあの老婆やにりましたよ」と豊世は附添えた。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
と森彦が款待顔に言出した。彼は宿の小娘を呼んで、御客様に踊を御目に掛けよ、老婆さんにも来て、三味線を引くように、と笑い興じながら勧めた。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
いや、この老婆に對すると云つては、語弊があるかも知れない。寧、あらゆる惡に對する反感が、一分毎に強さを増して來たのである。
羅生門 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
あの洋妾上りの老婆とは違つて、金はあつても壽命のない男だと見える。吾儕は斯の不幸な亭主の沈んで居るといふ洞を望んで通つた。
伊豆の旅 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
あわたゞしき足音の廊下に高く成りて、お蘭さま御書見でござりまするか、濟みませぬがおしと障子の外より言ふは老婆の聲なり
暗夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
仕出しの老婆が、振りのぶら/\する、袖の長い着物を着てすましてゐたりするが、往來でも無自覺にめかしてゐるが多く目につく。
夏の女 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
今はせたる傘屋の先代に太つ腹のお松とて一代に身上をあげたる、女相撲のやうな老婆さま有りき、六年の冬の事寺参りの帰りに角兵衛の子供を拾ふて来て
わかれ道 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
大人三人前を一手に引うけて鼻歌交り遣つてける腕を見るもの、さすがに目鏡と老婆をほめける。
わかれ道 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
老婆は消えいらんばかりのかなしみと
長長秋夜 (新字旧仮名) / 小熊秀雄(著)
何にも知らないからし、老婆も、我等と一所に働いた奴だ。人に悪事は饒舌まい。惜くも無し、心配も無いが、高田の業突張、大層怒ってな。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「私は老婆とお留守をしていつまでもここにおりましょう。そして兄さんのご決心がとげられるように神様へお祈りをしておりましょう」
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
老爺はもう死んで五六年になるが、老婆はまだぴんぴんしておりますが、その老婆という奴がみょうな奴で、息子の嫁をまぜだしたりして、村でもとおり者でございます」
鍛冶の母 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
常陸鹿島あたりの「土俗の習ひに、物の祝などある折、または祈事をする日など」「老婆たち多く集まり、弥勒謡とて各声をあげて歌うたひ、太鼓を打ち」った。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
後悔の外には更にあらざりけり然ども大藤親子の者糊賣老婆お金まで彼方に在ては捨置難しと三個が衣類其の他をも此方より持せやり忠兵衞をして音羽町の二軒の家を終了せて家財
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「オヤ何人かと思ッたらお珍らしいこと、此間はさっぱりお見限りですネ。マアお這入なさいナ、それとも老婆ばかりじゃアおかネ、オホホホホホ」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
今はせたる傘屋の先代に太つ腹のお松とて一代に身上をあげたる、女相撲のやうな老婆さま有りき、六年前の冬の事寺參りの歸りに角兵衞の子供を拾ふて來て
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
母子ぢやいよ、老婆の方は月の初めから居るが、別嬪の方はツイ此頃だ、何でも新橋あたりの芸妓あがりだツてことだ」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
ただ一人ウォールデンという名の老婆だけが助かった、そして池はそれにちなんで名づけられたのである、と。
目のわろき老婆の土間にてきつつある
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)