暗夜やみよ
取まわしたる邸の廣さは幾ばく坪とか聞えて、閉ぢたるまゝの大門は何年ぞやの暴風雨をさながら、今にも覆へらんさま危ふく、松はなけれど瓦に生ふる草の名の、しのぶ昔しはそも誰れとか、男鹿やなくべき宮城野の秋を、いざと移したる小萩原ひとり錦をほこらん …
作品に特徴的な語句
老爺われ 老爺ぢゞ いゑ うせ たら ゑり 平常たゞ 無情すげなき そなた 談合はから すま 何方いづこ 老媼ばゝ 想像おもひやり 何方いづく 空虚がらん わなゝ 談合かたらふ 被布はツぴ 老婆ばゞ 黄泉よみぢ 野猪しゝ 邂逅たまさか 道理わけ 説明とか 内儀かみさま 老耄おひぼれ 微笑ほゝゑみ 食客いそうらう 負債もの 萬一もしや 茅屋わらや あら 無情つれなし ひと 死亡うせて 顏色いろ 證據しるし うつ 再度ふたゝび 眼中まなこ おこ まこと 此地こゝ 平常つね 所爲しわざ かしこ 一躰ひとつ たましひ 輕蔑おど 表面おもて くみ 自身みづから 直線すぢ 目的あて 目前まのあたり 白刄やいば いや 爲事せうこと 柳眉まゆ 枕邊ここ 村童わらべ さと かみ 提燈かんばん なげ 情態さま 一向ひたすら がい 屍體から 境界さかい こら 商法みち 幾年いくつ 原因おこり うしろ 下手したで 可笑をか 祖父ぢい 澤山たんと 澤瀉をもだか たま ひと こと 鬪諍いさかひ 驚破すは 驚愕おどろき あるじ せり 習慣ならはし たゞ 親族みより 誠實まこと