“目前”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
めさき34.1%
もくぜん22.4%
まのあたり22.4%
めのまえ10.6%
めのさき3.5%
めのまへ3.5%
まえ2.4%
まのあた1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
空の晴れた日には、男体山などの姿が窓からはっきり眺められた。社の森、日光の町まで続いた杉並木なども、目前に黝んで見えた。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
こう注意してやると、後方から、前線られたばかりの、兵士一人が、目前で、背嚢をおろして、そのめていました。
少女と老兵士 (新字新仮名) / 小川未明(著)
……次第此処とのいで蒼空の、きは、やがて目前なるは陽炎である。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
我々は客車の窓に二つの首を見た、カラタール氏が下に、ゴメズが上に、しかし二人は目前に見たもののために、叫声ももはや凍ってしまったようだ。
よく切れます……お使いなさいまし、お間に合せに。……(無遠慮に庖丁を目前に突出す。)
錦染滝白糸:――其一幕―― (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そして富江は、一心になつて目前の札を守つてゐる山内に、さへあれば遠くからでも襲撃を加へることを怠らなかつた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
「何をおっしゃるンです。失敬な。も一度武男の目前で言ってごらんなさい。失敬な。男らしく父に相談もせずに、無礼千万な艶書にやったりなンぞ……もうこれから決して容赦はしませぬ」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
時妾目前り、雄が横死を見ながらに、これをけんともせざりしは、見下げ果てたる不貞の犬よと、思ひし獣もありつらんが。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)