神鑿しんさく
濡色を含んだ曙の霞の中から、姿も振もしつとりとした婦を肩に、片手を引担ぐやうにして、一人の青年がとぼ/\と顕はれた。 色が真蒼で、目も血走り、伸びた髪が額に被つて、冠物なしに、埃塗れの薄汚れた、処々釦 …
作品に特徴的な語句
無駄むだ 矢庭やには 眷属けんぞく 稲妻いなづま 近頃ちかごろ 背戸せど かんな 囲炉裏ゐろり 浅黄あさぎ 石垣いしがき もゝ 羽目はめ 供養くやう 諸共もろとも 其時そのとき 布子ぬのこ 揉手もみで 懸想けさう あさひ 音沙汰おとざた 近寄ちかよ 野良のら 国許くにもと 板塀いたべい 般若はんにや 薄縁うすべり 一晩ひとばん さか 掻巻かいまき 木挽こびき 浮世うきよ 発心ほつしん 土堤どて 花片はなびら 木樵きこり 胡座あぐら 仄白ほのじろ 手足てあし 繰返くりかへ 三度さんど 建物たてもの 初手しよて 路次ろじ 黄昏時たそがれどき 一室ひとま 僧形そうぎやう 不躾ぶしつけ 反身そりみ 嶮岨けんそ 干物ひもの 湯治たうぢ 一筋ひとすぢ 可懐なつか 丹精たんせい 御仁ごじん ほだ 言下ごんか 生血いきち 並木なみき 五位鷺ごゐさぎ 真夜中まよなか 他愛たあい かき 紅蓮ぐれん 時刻じこく 落人おちうど 逆立さかだ 御挨拶ごあいさつ 身震みぶる 一叢ひとむら 一目散いちもくさん 仮初かりそめ 町方まちかた 白無垢しろむく はた どぜう 腕車くるま 一歩いつぽ 丑満うしみつ 人影ひとかげ 仁王にわう 土器かはらけ ちう 寸分すんぶん おん 未練みれん 爪尖つまさき 雨露あめつゆ 額縁がくぶち 名告なの 一揆いつき 二間ふたま 一廉ひとかど 一本ひともと 朧夜おぼろよ 海鼠なまこ まく 片手かたて 谷間たにあひ 道行みちゆき