神鑿しんさく
濡色を含んだ曙の霞の中から、姿も振もしつとりとした婦を肩に、片手を引担ぐやうにして、一人の青年がとぼ/\と顕はれた。 色が真蒼で、目も血走り、伸びた髪が額に被つて、冠物なしに、埃塗れの薄汚れた、処々釦の断れた背広を被て、靴足袋もない素跣足で …
作品に特徴的な語句
はへ ちつこ 何処どつけ かゝ とこしへ ぬし 背負せを 祖父おんぢい 湿しめつ ひそめ ぢゞい てあひ せぐゝま おほひ やめ たゝきつ 老爺ぢゞい えゝ おひ たうと わけ たま さゝえ むづ チヨン かはか ちつと じつ まざ いを やを せゐ はえ しやう かほり 恍惚ぼう 頬被ほゝかぶ もぎ すん おのゝ おほき たゞ むごた 仕舞じまひ はや 挙動きよどう みツ 最初せえしよ 微笑ほゝえ あひ みつむ 何故あぜ おほひ はづかし あぶなつ またゝき せい 突掛つゝかゝ 取着とつゝ あは れう 打附ぶつゝか 前屈まへこゞ 可憐あはれ まは うるは 美女びじよ つくな 風采ありさま 料理りやうり ふら くすぐつ どれ 祖父おほぢ みづ はい 取着とつつ いゝ かへり ふか おつ ひやゝ 老爺ぢい しや かづ おほき 抽出ぬきで 挙動ふるまひ かう 自然ひとり 引懸ひつか きぎ うつす うま