“償”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つぐな67.0%
つぐの16.7%
つぐなひ3.0%
あがな3.0%
つぐない2.5%
ツグナ1.5%
つぐのひ1.0%
まと1.0%
むくはん1.0%
つくな0.5%
まど0.5%
つぐのい0.5%
あがの0.5%
おぎな0.5%
つくの0.5%
つぐ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それだけでも既にこのダムの建設に要した経費は、十分にわれたといっていいかも知れない。ところが、更に驚くべきことがある。
アメリカの沙漠 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
汝の知らんと欲するは、されざりし誓ひをば人他のによりてひ、魂をして論爭れしむるをうるややといふ事是なり。 一三—一五
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
「三千代さんの心機を一転して、よりも倍以上に愛させる様にして、其上僕を蛇蝎の様にませさへすれば幾分かにはなる」
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
天晴一芸のあるに、へ! 魔神しますものゝ、美女へてるべきなら立処さする。——
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「三千代さんの心機を一転して、君を元よりも倍以上に愛させる様にして、その上僕を蛇蝎の様にませさえすれば幾分かにはなる」
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
姫の咎は、姫がふ。此寺、此二上山の下に居て、身のひ、心の償ひした、と姫が得心するまでは、還るものとはやるな。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
されば何物をもてとなすことをえむ、捧げし物を善く用ゐんと思ふは是贜物をもて善事を爲さんとねがふなり 三一—三三
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
それが為に主人は非常な立腹で、さう吾儘を言ふのなら、費消へ、それが出来ずば告訴する。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
○法性坊尊意叡山に在し時 菅神の幽灵来り我冤謫夙懟とす、願くは師の道力をもつてことなかれ。尊意曰、卒土は皆王民なり、我もし をうけ玉はらばるに所なし。
ふには、天守主人満足する、自分身代りにるほどな、木彫を、んでで。かるはない……とあつた。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「みんな蟻がとってしまいましたよ。私のような弱いものをだますなんて、うてください。償うてください。」
ツェねずみ (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
お犯しなすった罪だけは、おなさらなくてはなりません。
今は漁人となって余命を送るといえども、何日は身の罪をうて再び
鬼桃太郎 (新字新仮名) / 尾崎紅葉(著)
しかも、その道へ行く前に生をって、自我の欲情に急いだ自殺の罪は、生々世々わねばならぬことと思います。
阿難と呪術師の娘 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
しや事業熱はめても、失敗を取返へさう、損害をはうといふ妄念で、頭はる、血眼になる。それでも逆上氣味になツて、危い橋でも何んでもと渡ツて見る………矢張失敗だ。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
「余計な事だが、それでの経済は、収支なふのかい」と代助は思ひ切つて猛進した。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)