“天守”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
てんしゅ66.7%
てんしゆ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
安房国館山里見義弘が城——ここには三層の天守があって海に面し、威容は海路からも望まれます。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
されば、気高いと申しても、天人神女ではのうて、姫路のお天守で燈台の下に何やら書をく、それ露がるように婀娜なと言うて、水道の水で洗い髪ではござらぬ。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
して、したに、城趾天守だけつたのが、げて、中空るか、とつて胸毛い。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
まだ、朝早き、天守からをかけてつて、処々物凄じくて、つてさうなのは、かすのではない。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)