“野”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
69.7%
18.5%
6.2%
3.6%
はら0.5%
やら0.5%
0.5%
フィルド0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
や、や、べるものがなくなってしまうと、人間村里ってきます。そして、人間べたり、家畜ったりします。
おおかみと人 (新字新仮名) / 小川未明(著)
十常侍の徒輩が、あまりにも賢を追い邪を容れて、目をおおうばかりな暴状に、官吏がいやになって、に隠れていた者でございます
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
吉隠浪柴」は、大和磯城郡、初瀬町の東方一里にあり、持統天皇もこの浪芝野のあたりに行幸あらせられたことがある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
」であるとか、「」であるとか、「」、「」という風な現在「の」と発音するものは、昔は「ぬ」と言って、その「ぬ」には「怒」を使って「奴」を使った例はない。
古代国語の音韻に就いて (新字新仮名) / 橋本進吉(著)
こんな良い空を勝手に仰ぎながら広い「っぱ」を歩いて居る人が有ろうと思うと、斯うして居る自分がなくなって来る。そうした人達がましい様な、ねたましい様な気がする。
秋風 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
われは常陸のにして
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
後、漸く山の主神に仕へる処女を定めて、一人野山に別居させる様になつて、の起りとなつた。山の神に仕へる巫女が、野宮に居て、祭り日には神に代つて来る様にもなつた。
山のことぶれ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
そんな方面へ発展させたら、人類学も大分広いがあるだろうと思っている。
先生を囲る話 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)