三国志さんごくし02 桃園の巻02 とうえんのまき
後漢の建寧元年のころ。 今から約千七百八十年ほど前のことである。 一人の旅人があった。 腰に、一剣を佩いているほか、身なりはいたって見すぼらしいが、眉は秀で、唇は紅く、とりわけ聡明そうな眸や、豊かな頬 …
作品に特徴的な語句
夜叉やしゃ やじり 女々めめ 断乎だんこ 韋駄天いだてん 銅鑼どら 楚々そそ 馴々なれなれ 寵愛ちょうあい あかね 仮借かしゃく なつめ 謀叛むほん くりや 鞭撻べんたつ 喊声かんせい 山羊やぎ 殲滅せんめつ 芙蓉ふよう 亜細亜アジア 峻厳しゅんげん 大喝だいかつ 忌憚きたん 炯眼けいがん やく 生木なまき 襟首えりくび 危惧きぐ 勃興ぼっこう 瑕瑾かきん がん 彗星すいせい 佩剣はいけん 幸先さいさき 烱々けいけい 慷慨こうがい 雑鬧ざっとう 錚々そうそう 烏合うごう 紅蓮ぐれん 初陣ういじん 外道げどう 嶮岨けんそ 慴伏しょうふく げき 跳梁ちょうりょう 昏々こんこん 一叢ひとむら 沮喪そそう 生唾なまつば 廃頽たいはい 酸鼻さんび 余燼よじん 冤罪えんざい ほこ 朧夜おぼろよ 狼藉者ろうぜきもの たね とばり 悔悟かいご 真夜中まよなか 人品じんぴん 用捨ようしゃ ひょう 快哉かいさい 総帥そうすい 蹴鞠けまり きん 峨々がが しん えい 誹謗ひぼう 冥途めいど 咆哮ほうこう へい 浅慮あさはか 蓮池はすいけ 熟柿じゅくし 看破みやぶ 紊乱びんらん 羅刹らせつ 関羽かんう 黙祷もくとう 小賢こざか 栄耀えいよう 朧月おぼろづき 崩壊ほうかい 鉄扉てっぴ きび 飄々ひょうひょう 匹夫ひっぷ 反故ほご 怨嗟えんさ 蜂起ほうき 魁偉かいい 小禽ことり とり
題名が同じ作品
三国志:01 序 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名)吉川英治 (著)