三国志さんごくし07 赤壁の巻07 せきへきのまき
十年語り合っても理解し得ない人と人もあるし、一夕の間に百年の知己となる人と人もある。 玄徳と孔明とは、お互いに、一見旧知のごとき情を抱いた。いわゆる意気相許したというものであろう。 孔明は、やがて云った。 「もし将軍が、おことばの如く、真に …
作品に特徴的な語句
ソム ツラ わずら カエリ ハサ イズク このかみ いつわ しら ぼう ざん きつ さつ じょう あきの けん せん けみ しる 退 かたじけ こう そう むれ せん きたな たい ちょう さん かん かい つく きゅう 姉妹ふたり れい 上洛のぼら しも ただら 白旗びゃっき 扮装いでた かな くだ ぎょう しん 叔父しゆくふ きみ ため せき おさ しゃ 兄弟ふたり けい じゅ 酒瓶しゅへい 東風たつみ きん ばら じょう ひつじ なだ 質子チシ つま けん ヨロコ 翌日あした いで 江川こうせん しょう しゅ ぺん おお てき ちょう 特有つね はじ あだ ほと 調節ふし 古人いにしえ ざん よろい つぶ
題名が同じ作品
三国志:01 序 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名)吉川英治 (著)