三国志さんごくし12 篇外余録12 へんがいよろく
三国鼎立の大勢は、ときの治乱が起した大陸分権の自然な風雲作用でもあったが、その創意はもともと諸葛孔明という一人物の胸底から生れ出たものであることは何としても否みがたい。まだ二十七歳でしかなかった青年孔明が、農耕の余閑、草廬に抱いていた理想の …
作品に特徴的な語句
イズ ソム アト マズ ムナ アバ オノズカ ミタ セン ひとり ケイ カイ タズ トウ ハカリゴト シタガ ノコ シュウ シカ ツカ せん エリ ヨウ しょう イヌ シュ コトゴト 頻繁ヒンパン かお こう アナ ヒト ぎょう ボン 春色シュンショク タン まさ 祠堂シドウ ツカ ゆう さい とど 一束いっそく いつ キン 薄田ハクデン ぶん 諸葛ショカツ イクサ 巨蛇キョダ ウルシ クチ きょう ソウ ぞく くれない むすめ 遺孤みなしご ひょう ごく にな 覆水フクスイ さかん しょう いちじる あした ねん 草裡そうり てい ぐさ 工匠こうしょう けん ともがら 聡慧ソウケイ 考合こうごう まった はずかし たた なま 余饒ヨジョウ 碧瓦へきが きん 重器チョウキ つい
題名が同じ作品
三国志:01 序 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)