“斉”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
ひと66.8%
せい15.3%
ひとし9.7%
ととの4.6%
ヒト1.0%
さい0.5%
とゝの0.5%
0.5%
セイ0.5%
トヽノホ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
可懐しい、恋しい、いとおしい、嬉しい情を支配された、従姉妹や姉に対するすべてのを、境遇のしい一個蝶吉の上に綜合して
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
いや、谷将軍のすがたに向って、婦人たちは一に両手をつかえていたから、鶴子夫人も良人の中佐へを上げていられなかった。
日本名婦伝:谷干城夫人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼の電鈴を鳴して、火のに寄来るとく、唯継はその手を取りて小脇みつ。宮はべる気色も無くて、彼の為すに任するのみ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
これをもって考うるに、ひっきょう一身を修め一家をうるは、国を治め天下を平らかにするゆえんである。大学にいう
貧乏物語 (新字新仮名) / 河上肇(著)
唐ノ頃、アリ、先主ノク。数名。シク入リシニ、人アリ、燈下ニ対シテヲ囲ムモノ両人、側ニ侍衛スルモノ十数名ヲ見ル。
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
放蕩なる快楽は飲宴好色なり、着実なる快楽は晏居閑楽なり、熱性ある快楽は忠孝仁義等の目的及び希望なり、誠実なる快楽は家をへ生を理するにあり。
言われる。……では、お話し申すことにいたす。……しかし、これは々しい国の秘事でござるによって、人に聞かれてはならぬ。近くに人がおらぬか、ちょっと見て下され
顎十郎捕物帳:01 捨公方 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
新しい紈素(真白い練絹)の鮮潔霜雪のようなものを裁って合歓の扇となす。
とりおける椽※は、此家長の御心のりなり。
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)