“さい”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:サイ
語句割合
18.3%
15.3%
9.8%
9.6%
7.9%
4.9%
3.7%
3.5%
骰子2.9%
2.0%
1.7%
1.6%
1.3%
1.2%
0.9%
0.9%
0.9%
0.9%
0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
苛責0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
左様0.3%
差違0.3%
0.3%
0.3%
骸子0.3%
左樣0.1%
佐井0.1%
0.1%
0.1%
副食物0.1%
差異0.1%
惣菜0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
蓑衣0.1%
0.1%
裂断0.1%
西0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
𩵝0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と云うのは、奥の長櫃の上で、津多子夫人は生死を四人のの目に賭けて、両手を胸の上で組み、長々と横たわっているのであった。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
の出た跡で、更に酒を呼んだ宗右衛門は、気味の悪い笑顔をして五百を迎える。五百は詫言を言う。主人はなかなかかない。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
つた枯葉いやうなのはでゝして干菜けた。自分等晝餐にも一釜でた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
このガチョウはい鳥ではありましたが、アッカという、百にもなるガンの隊長のことは、いままでにもうわさに聞いていました。
るに今日にこの轉倒逆列ゐてしまぬのは、畢竟歐米文明渡來何事歐米風習模倣することを理想とした時代
誤まれる姓名の逆列 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
その母は、おといって、やはり根は廓者であったけれど、いわゆる仲之町の江戸前芸者で、名妓といわれたであったそうな。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
し聞く、大禹て、神姦鬼秘、その形を逃るるを得るなく、温嶠を燃して、水府竜宮、にその状を現わすを得たりと。
牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
ニース全市は湧き返るような大混雑、大盛況。有銭無銭の大群集は、それぞれ費用と場所をわきまえて、ただもう一夢中に法楽する。
「よろしい、人生は賭博のごとしだ、……この骰子はわしの負けとしよう! 今度は諸君に、見事負けたのだ! ハハハハハ」
グリュックスブルグ王室異聞 (新字新仮名) / 橘外男(著)
人々は、今は石のように身動きもせず、ジットリと汗ばむ手を握りしめて、穿って鮮かな、名探偵の推理に聴き入っていた。
悪魔の紋章 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
へました、ほんにでござります、御覧じまし。』と莞爾々々しながら、らしてせたを、二人一個づゝつた。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
葉公に見切りをつけて、楚からに引きかえす孔子の心は、いくぶん淋しかった。彼は車にゆられながら、眼をとじては、じっと考えに沈んだ。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
近廣津和郎氏が「さまよへる琉球人」といふにした青年がどうもその青年と同一人らしいので、はちよつといてゐる。
ここにぼろぎれのように眠る男も、やはり此の身をなまずしては生きて行けない生活をしている。
風宴 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
それ以来幕末まで、日本人とは婚姻を結ばずにずっと此処に住んでいたのでありますから、今もとかとかとかいう名を用いる者が少くありません。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
「ならば申すが……には“血光”という大凶が出ている。百日を出ぬまに、当家の財は崩れ、あなたは剣難に遭って一命を終るでしょう」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
金解禁計畫をしたのは一まらなかつたが、種々事情めに實現出來なかつた。
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)
蝉羽子悄然として立つこと少時、を招きてに車を推し、之を小亭に引きて飯を命じ、鮮魚をして食はしめ、未だ言を交ゆる事多からず、其の旧事を回想せしめん事を恐るればなり。
客居偶録 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
「十五日。雪。文礼子御用にて新城宿より爰元通行。」一戸の記に拠れば、武揚等の兵がを陥れた日である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
一年一度のひであると云ふ十月の用意に、東京の青山練兵場を半分にした程の公園が見世物小屋の普請で一杯に成つて居る。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
引つ切りなしに揚がる花火、五の火花が水を染めて、『玉屋ア、鍵屋ア』といふお定まりの褒め言葉が、川を壓し、橋を搖るがして、何時果つべしとも思はれません。
これ此樣うつくしいてあるに、くてにはれぬ、さんはければおきましよ、後生つてされと一むれのにては年長なるをつけてめば
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
堯典に曰く、二十有八放勲徂落せり、百姓考妣するが如くなりき、三年、四海八音遏密せりと。孔子曰く、天に二日無く民に二王無しと。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
寿鶴亭という八人芸(時雨云、拙著『旧聞日本橋』の中には、この寿鶴の名が思いだせないで○○と書いたのと同じ人)
諏訪様の方では、牛は鈍いからと、夜中にたって大急ぎでやって来られたので、先に越後分のの神という所まで来て、そこでやっと越後様の馬と出あわれた。
日本の伝説 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
魯に在って遥かに衛の政変を聞いた孔子は即座に、「(子羔)や、それ帰らん。や死なん。」と言った。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
そしてその側の藪を分けて、と象とを合わせたような八、九間もある動物が二本の角を振り立て振り立て野性の鼠を追っかけている。それは確かに恐龍である。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「大切な客人」とか、「運よく母娘づれが通りかかるとは、さきがよい」とか——。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
気絶する程に痛い足を十基米も引摺り引摺り、又もあの鉄と火の地獄の中へ追返されるのかと思うと、自分自身が苛責なまれるような思いを肋骨空隙に感じた。
戦場 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
わたくしは「ああ」といって身体をった。もう逸作に反対する勇気はなかった。わたくしはあまりにも潔癖過ぎる家伝の良心になまれることが度々ある。
雛妓 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
つ頃、尾張の頼盛が家人の弥兵衛宗清という侍が、美濃路で捕えてきた可憐しい和子がありましたの」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
而してこの私を標準にして世間を見渡すと、世間の人生観を論ずる人々も、皆私と似たり寄ったりの辺にいるのではないかとせられる。もしそうなら、世を挙げて懺悔の時代なのかも知れぬ。
左様で、ござりません。仁丹がうござりますやろ。」と夕間暮薬箪笥に手を掛ける、とカチカチと鳴るとともに、額の抜上った首を振りつつな眼鏡越にじろりとる。
浮舟 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
十年前のころは、夜が明けて、空が晴れていると、空襲があるという予想から、晴天んだものである。この頃は、晴れていようが、曇っていようが、どっちでも大した差違はない。
は外の曲輪をいい、塁は各部の囲いをいい、はその中心全体をいう。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ると海鼠たやうなもないぢやが、動物にはひない。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
二俵の米に執着し切った彼の頭はしかし、車座になって勝負を争ったその最初から乱れていた。骸子ころを睨んでいる彼の目は血走り、息はせわしくはずんでいた。
鰊漁場 (新字新仮名) / 島木健作(著)
『お歸んなさい。』とか『左樣でございますか。』とか、繰返し/\教へるのであつたが、二人は胸の中でそれをねて見るけれど、仲々お吉の樣にはいかぬ。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
郷里言葉の『だすか。』と『左樣でございますか。』とは、第一長さが違ふ。二人には『で』に許り力が入つて、兎角『さいで、ございますか。』と二つに切れる。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
安永八年に歿した妙仙、寛政二年に歿した寿慶、それから嘉永元年まで生存していた芳松院緑峰である。緑峰は菱谷氏佐井氏に養われて独美に嫁したのが、独美の京都にいた時の事である。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
……わいなのは子供と離されていることだ、甲之助と乳母とは廊下をなりに曲って、五つばかり向うの部屋にいる、良人の好みで召使たちもずっと離れていた。
めおと蝶 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
たるぞ、軍陣門出
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
その証拠に副食物の事を酒のというではないか。中にはそうでないものもあるけれどもなる日本料理は酒の肴だ。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
好奇心刺戟せられて、空想空想ね、珍無類創造する。化物各時代各民族くてならないになる。つて世界各國民族差異じて化物つてる。
妖怪研究 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
新鮮な、いいお惣菜だ。
海豹と雲 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
ビスマルクが将来の経綸たるや、オーストリアをゲルマン連邦より拒絶しこれを東方にし、バルカン諸小国を併滅せしめ、ダニューブにそうて東漸せしめ、サロニカをしてその首都たらしめ
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
罪も汚れも一
小曲二十篇 (新字旧仮名) / 漢那浪笛(著)
れ幽明の異趣、詭怪の多端、之に遇えば人に利あらず、之に遭えば物に害あり。故に大厲門に入りて晋景歿し、妖豕に啼いて斉襄す。禍を降し妖をなし、を興しをなす。
牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
醸家の水を貴び水を愛し水を重んじ水をむ、まことに所以ある也。剣工の剣を鍛ひて之をするや、水悪ければ即ち敗る。
(新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
日本中の廃棄金山の鉱床を調べ、過去の鉱量を精密に計算して、もっとも有望だと思われる六つの鉱山を選び出すと、四月のある朝、腰に鉱用の鉄鎚をはさみ
キャラコさん:04 女の手 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
もし此儘で置てはだ後世を誤るりと思ふから聞ひた儘を筆記して、土陽新聞の余白を借り、諸君の一を煩す事にしました
千里駒後日譚 (新字旧仮名) / 川田瑞穂楢崎竜川田雪山(著)
(『義楚六帖』にいわく、「『倶舎』に曰く、『漸死にはとに、最後に意識滅す。下と人と天は不生なり。断末摩は水等なり』」と)
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
古詩に「何蓑何笠」などという句もある。「何」はうの意である。江為の詩に「何時洞庭上、春雨満蓑衣」とあるから、支那では「蓑衣」なる言葉も用いた。
蓑のこと (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
肉をするをいさぎよしとせずして、天下を裁するの志を抱き、政府に対してこれに感服せざるのみならず、つねに不平を訴うるほどのことなれば、その心志のとどまるところは
学者安心論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
象牙の、丸味のある、外側を利用して、裂断た面の方に、幾分のくぼみを入れ、外側は、ほとんど丸味のあるままで、そして、さきの厚味は四分もあるかと思われる、厚い、大きな爪だ。
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
修羅西は都に近ければ横川の奥ぞ住みよかりけると云う歌がある通り、横川が一番しい、学問でもするに好い所となっている。——今話した相輪橖から五十丁も這入らなければ行かれない
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
遊惰の日を送るも無きを。
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
そのために私は、金のある人々にき使われ、められ、なまれ抑えつけられ、自由を奪われ、搾取され、支配されてきた。
子の遊びに憤り、心ならずも誤りて
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
向う葛西領の敵手北條氏綱氏康父子が陣を取り、此方里見安房守義弘太田新康資同苗美濃守資正入道などる処のものが籠城をして
おいしくない点では𩵝の卵と淡水魚中の双璧であるといわれている。
(新字新仮名) / 佐藤垢石(著)