“笑顔”のいろいろな読み方と例文
旧字:笑顏
読み方割合
えがお79.0%
ゑがほ8.7%
わらいがお8.7%
えがほ2.2%
わらい0.7%
わらひがほ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の出た跡で、更に酒を呼んだ宗右衛門は、気味の悪い笑顔をして五百を迎える。五百は詫言を言う。主人はなかなかかない。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
燈火に背いた其笑顔が、何がなしに艶に見えた。涼しい夜風が遠慮なく髪をる。庭には植込の繁みの中に螢が光つた。小供達はにゆく。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
其の人が着物を着替る時に、紺縮緬の胴巻がバタリと落ちたら慌てゝすから、ア取りやアしないったら、ニヤリと笑顔をして居たが
かしくけではあられぬイヤこそが結局なりといふものしらねどあらばくまでらしきか笑顔ゆたかにひかへてさん昨夕しきたりお前様学校
闇桜 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
痛さが余りしい時には、人はすぐに泣き出さず、て妙な笑顔をするものだが、悲しみの場合も同じことで、それが余りひどい時は、涙を忘れ、悲しいと感じる力さえ失った様になるものである。
孤島の鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
だのが、いくらでもえるから、ちつとは思出になるトいつちやあ、アノ笑顔をおしなので、もさうつてか、があるいて片足をあげた一本脚のやうでおもしろい
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)