“春”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はる95.9%
しゅん1.6%
はあ0.8%
うすづく0.4%
しゆん0.4%
ハル0.4%
ファル0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、大空からもれるけていましたが、いつまでもひとところに、いっしょにいられるではなかったのです。
花と人の話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
長閑なる、咲く花にる鳥は人工のとても及ばぬものばかりで、富者貧者も共にけて共に喜ぶ権利はらない
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
「おどんやわ。グウグウかいて寝てるねん。嫌い! 大嫌い! 悦子お春どん殺してやるわ!」
細雪:01 上巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
罷違ふて旧道歩行いてもしうはあるまい、ういふ時候ぢや、でもなく、魑魅魍魎さきでもない、まゝよ、とふて、見送ると親切百姓姿えぬ。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
恋の使のの小雨が
錦木 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
も、百合花盛リーイ、きすゅるのしおらしや……」
骨仏 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)