“春画”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゅんが40.0%
しゆんぐわ20.0%
まくらえ20.0%
オブシイン20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「成程、そりゃ面白そうだ。——ところでどうでしょう、春画などと云う物は、やっぱり西洋の方が発達しているんですか。」
路上 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
には春画めいた人物画がかゝつて、其下花瓶には黄色夏菊がさしてある。
吾妻橋 (新字旧仮名) / 永井荷風永井壮吉(著)
支那の古塚に、猥褻の像をめありたり。本邦で書箱鎧櫃等に、春画を一冊ずつ入れて、災難除けとしたなども、とどの詰まりはこの意に基づくであろう。
旦那! 春画! 春画!——ちょっと婦人方に背中を向けて、まあ、一眼でいいから私の手許を御覧なさい。ほう! これ! 素敵だね! え? 早く! 旦那春画だよ、ほら!』