“春日”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かすが64.1%
はるび11.7%
はるひ10.7%
しゅんじつ5.8%
しゆんじつ2.9%
カスガ2.9%
ハルヒ1.0%
潜庵1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勿論其時分は春日も今のやうに修覆が出来なかつたし、全体がもつと古ぼけてきたなかつたから、それだけよかつたといふだ。
一番気乗のする時 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
よしとこぶありけり十九といへど深窓ちは室咲きもじことらねど松風きは瓜琴のしらべに春日
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
春日すらしも若草る 〔巻七・一二八五〕 柿本人麿歌集
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
性情行径し、俳徊感慨、まことにわざるものありしならん。又別に、春日劉太保の墓に謁するの七律あり。まことに思慕の切なるを証すというべし。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
は、らに西部文明の幻影を追随して栄華を春日の永きにる貴族者流と、相離るゝ事甚だ遠し。
トルストイ伯 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
順道ならば、今頃は既に、藤原の氏神河内の枚岡御神か、春日御社に、巫女として仕へてゐるはずである。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
石上 布留を過ぎて、薦枕 高橋過ぎ、物さはに 大宅過ぎ、春日の 春日を過ぎ、つまごもる 小佐保を過ぎ
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
とし先年三郎、梅田源二郎、梁川星巖、春日などの、名のきこへし諸生太夫が朝廷の御為に世のなんおかふむりしものありけり。