“春日燈籠”の読み方と例文
読み方割合
かすがどうろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
末造の据わっている所からは、二三本寄せて植えた梧桐の、油雑巾で拭いたような幹が見えている。それから春日燈籠が一つ見える。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
景趣をちぢめたような庭作り、ありあり流れあり、ところどころには、のような石、みやびた春日燈籠が、かすかにまたたいていた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
庭の清潔なこと、赤松の一と抱えもあるのがあり、其の下に白川御影春日燈籠があり、の木の植込錦木のあしらい、下草の様子、何やかや申分なく
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)