“春日局”の読み方と例文
読み方割合
かすがのつぼね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
狂言は一番目「春日局」、中幕「素襖落」、二番目「駒形おせん」で、団十郎は一番目だけに登場し、春日局と徳川家康の二役に扮した。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
大久保彦左ヱ門と春日局のたくらみで、忠長の子の天魔太郎からいえば、まさにこれはふぐたいてんの親の敵です。
幻術天魔太郎 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
その実姉に至っては、春日局に引き立てられ、四代将軍綱吉の乳母、それになった矢島局であり、そういう縁故があるところから、町奉行以下の役人達も二目も三目も置いていた。
二人町奴 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)