“春日龍神”の読み方と例文
読み方割合
かすがりゅうじん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……三番は、平河町騎射人形、……四番は、山王町の剣に水車、……八番は、駿河町春日龍神、……十七番は、小網町の漁船の山車、……四十番が霊岸島八乙女人形‥…
その人々のひそかに思うには——おそらくこの切能春日龍神ジテをもって、生涯の舞いおさめと期しているらしい老公は——心ゆくまでそれを果すため、舞台へかかる前のしばらくの時間を
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
春日龍神そのものだった。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)