梅里先生行状記ばいりせんせいぎょうじょうき
二月の風は水洟をそそる。この地方はまだ春も浅い。ひろい畑は吹きさらしている。 昼まになっても、日かげの霜ばしらは、棘々とたったままだし、遠山のひだには、まだある雪が薙刀のように光っていた。 「麦踏め、麦踏め。——芽をふめ、芽をふめ、芽をふめ …
作品に特徴的な語句
退シリゾ イリ ベシ モウ 汚穢オエ 左右ソウ ミズ タダ ちやく モト タテマツ 容貌かたち ドウ ばや おく カゼ 退出タイシュツ ギン 怪訝いぶ すなは かたはら 早々はやはや ツツシン めい あつま おう 往来おもて ところ じょ キタ みん ツク 退 ささ ちが こた 声色せいしよく あざむ きやう 紛失フンシツ 歩行かち 武士ざむらい さい しょう いっ がわ 怠惰タイダ かい うつ みつ 飲食いんしよく 商家あきゅうどや いき つまび ゆう 下婢はした 強請きょうせい 未刻ヒツジノコク なよや げん 退しりぞ さう じん たく 生々せいせい せい かい むずか 顔容がんよう ろう 賓客ひんきやく はず ため コレ 上手うま しも 洒落しゃらく ともの 気狂きちげ 流行ばやり おどか