“武士”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さむらい44.7%
もののふ15.0%
ぶし13.1%
さむらひ6.8%
ざむらい4.4%
ものゝふ4.4%
つわもの2.9%
さんぴん2.4%
さむれえ1.9%
りゃんこ1.9%
(他:5)2.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一人の武士さむらいが竹槍で突かれた。それは迷信者の一人であった。他の武士が突進した。竹槍を持った窩人の一人が、武士のために手を落とされた。
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
武士さむらいは、こちとらのがらにゃ向かない。頭と一緒に、さっぱり縁をちょん切りましたよ。これからは荻江露八でつき合っておくんなさい」
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼は先に行く武士さむらい、擦れ違う武士さむらい、宿り合わした武士さむらい、そうした人々の紋所を、血走った目で幾度か睨んだことだろう。
仇討三態 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
「誰やらん見知らぬ武士もののふが、ただ一人従者ずさをもつれず、この家に申すことあるとて来ておじゃる。いかに呼び入れそうろうか」
武蔵野 (新字新仮名) / 山田美妙(著)
彼が檻車かんしゃ江戸の死獄に送られんとするや、その諸妹に与えて曰く、「心あれや人の母たる人達よかからん事は武士もののふの常」と。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
ただ今夜と違っておられます事は尼様達のお祈祷いのりの代りにたけりに猛る武士もののふのひしめきあらぶ声々こえごえが聞こえていたことでござります
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
むかし源氏げんじ武士ぶしいくさに出るとき氏神うじがみさまの八幡大神はちまんだいじんのおとなえるといっしょに
八幡太郎 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
朝廷ちょうてい二派ふたはかれたものですから、自然しぜんおそばの武士ぶしたちの仲間なかま二派ふたはかれました。
鎮西八郎 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
坊さんの足音にしては、すこしへんだと思いながら、耳をかたむけていると、とつぜん、ふとい声で、ちょうど武士ぶしが、けらいをぶように、
壇ノ浦の鬼火 (新字新仮名) / 下村千秋(著)
おみの えゝ、卑怯者…… 不孝者……。もうこの上はそなたは頼まぬ。なんの相手が武士さむらひぢやとて怖ろしいことがあらうか。かたきは妾ひとりで見事に討つてみせう。
佐々木高綱 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
それとよくてゐるのは、松平大進たいしんといふ武士さむらひのやり方で、酒宴さかもりになると、きまつて長羅宇ながらうで、すぱりすぱりと煙草をふかし出す。
甲冑に身をかためた厳めしい武士さむらひも、毛鞘の刀をさした立派な大将も、すつかりてれてしまひました。
泣き笑ひ (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
彼は家中の若武士ざむらいと槍を合わし、剣を交じえ、彼らを散々に打ち負かすことによって、自分の誇りを養う日々のかてとしていたのであった。
忠直卿行状記 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
「これ、お通さん何をいう。わしは戯れ口をいっているのではない。真実をいっているのだ。能なしだから能なし武士ざむらいといった。それが悪いか」
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
不破小四郎を取り囲んで、朽木くちき三四郎、加島欽哉きんや、山崎内膳ないぜん、桃ノ井紋哉もんや、四人の若武士ざむらいが話しながら、こっちへ歩いて来るのであった。
血ぬられた懐刀 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
老い枯れし老婆の御身に嫌はるゝは、可惜あたら武士ものゝふ戀死こひじにせんいのちを思へば物の數ならず、るにても昨夜よべの返事
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
フラア・トムマーゾの燃ゆるまこととそのふさはしきことばとは我を動かしてかく大いなる武士ものゝふきそめしめ 一四二—一四四
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
どつしりと突き出てゐる煖爐の上には、甲冑をつけて白馬の側に立つた武士ものゝふの肖像が掛つて居り、それと向ひ合つた側の壁には兜と楯と槍が掛つてゐた。
「婦人連が汗を流して、お行儀好く、あの姿で——俺達武士つわものにお酌をする光景を想ふと、これ御同役、一興ぢやなからうかね。」
夜の奇蹟 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
縦令たとい記録に残って彼等勇敢なる武士つわものと肩を竝べるほまれがあろうとも、私は夜行には絶対に自信は皆無である。
ゼーロン (新字新仮名) / 牧野信一(著)
「元より最初から烏合うごうの数は望まぬところ。一人だに、一念神仏に通じれば、世をも動かそう。鉄石の心をもつ、武士つわものの八十余騎もおれば、何事か貫けぬことやあろう」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「やい武士さんぴんッ、うぬあ京極方に味方して、春日様の足を打ッ挫いた痩浪人やせろうにんだろう。この先へ行くことあならねえからそう思えッ」
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「聞かしてやろう。俺は赤坂氷川下に巣をくってる、深見重左衛門、この髯を異名にして、髯の重左ともいう男だ。青二才、てめえはなんとかす武士さんぴんだ」
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「てめえ、うちのやつに頼まれて、今朝、何処へ駕をやったんだ。あの、色のなまちろ武士さんぴんを乗せてよ」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「でも、去年から遊びにくる二人連れの武士さむれえの一人と、おめえが大変心安くすると云って、だいぶ評判が高けえようだぜ」
半七捕物帳:04 湯屋の二階 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「なにしろ、おめえは家へ帰って、その武士さむれえがきょう来るかどうだか気をつけろ。おれも支度をしてあとから行く」
半七捕物帳:04 湯屋の二階 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
客「どうだもうけえろうじゃアねえか、因業いんごう武士さむれえ畜生ちきしょう
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「何ね中之島の蔵屋敷前で、老人としより武士りゃんこを叩斬り、懐中物を抜いたはいいが、桜川辺りの往来でそいつを落としてしまったんだ。つまらない目にあいやしたよ」
赤格子九郎右衛門の娘 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「てめえ惚れた女のことだけあっていやにくわしいぜ。しかし、武士りゃんこがついていたんじゃあ、手前なんかに鼻汁はなもひっかけやしめえ。お気の毒さまみたようだなあ」
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「へえへえ旦那のおっしゃる通りいろいろの人が参詣します。武士りゃんこも行くし商人あきんども行くし、茶屋の女将おかみ力士すもうとり俳優やくしゃなんかも参りますよ。ええとそれからヤットーの先生。……」
大鵬のゆくえ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
意地悪き肥後武士ざむらひの酒臭く
漱石氏と私 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
林「いや、是はどうも勿体ない事でござえます、是はどうもはや、わしの様な者はとてもはや武士ぼしには成れません」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
林「でござえますが、武士ぼしは窮屈ではありませんか、ぜつわしは町人になって商いをして見たいので」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
私が始めて讀んだ時からいつも忘れずに居つた事は「足輕といふ者長く停止せらるべき事」といふ一ヶ條であります、足輕即ち武士サムラヒ以下にある所の歩卒が亂暴をするといふ事に就て非常に憤慨してゐるのであります。
応仁の乱に就て (旧字旧仮名) / 内藤湖南(著)
始めの間は武士サムラヒなど自分の甲冑を質に置いてやつたものです、それでどうかすると甲だけを持つて冑を持たないといふやうな武士もあつて、隨分見つともない話であつたが、戰爭で高名をする者は却てそのやうな者に多かつたといつてある。
応仁の乱に就て (旧字旧仮名) / 内藤湖南(著)
それをきいて七郎は、多少心細くも思ひましたが、こんなことでへこたれては武士ナイトの名折れだと力むで、戦闘の準備を計画いたしました——。
〔編輯余話〕 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
武士ブシ」は実は宛て字で、山・野と云ふ修飾語を省いた迄である。