“記憶”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きおく52.7%
おぼ28.6%
おぼえ17.0%
おもいで0.5%
おべえ0.5%
メモリー0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
就中、木村摂津守の名は今なお米国において記録に存し、また古老記憶するにして、我海軍の歴史に堙没すべからざるものなり。
「泣いた泣いた。それで俺が、武士の子は痛くとも泣くものではないと言うたら、貴公、何と答えたか、これは記憶えていまいな。」
寛永相合傘 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「嘘だろう嘘だろう」って何遍も云われましたから「嘘じゃない嘘じゃない」と云い張った事だけは記憶ていますけれど…………。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
お隅は顔を外向けて、嗚咽ました。一旦りかかった胸の傷口が復た破れて、烈しく出血するとはこの思いです。残酷な一生の記憶は蛇のように蘇生りました。
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「それぢや差引四十一小端か、こつちのおつかさま自分でもしてつから記憶がえゝやな」商人十露盤つて
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
一九二〇年十月極東白衛軍の総帥アタマン・アブラモーフ将軍が、ロマノフ朝最後の皇太子に永遠の記憶を捧げたものが、このとてつもない阿呆宮だった。
聖アレキセイ寺院の惨劇 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)