藁草履わらぞうり
長野県北佐久郡岩村田町大字金(かね)の手(て)の角にある石が旅人に教えて言うには、これより南、甲州街道。 この道について南へさして行くと、八つが岳(たけ)山脈の麓(ふもと)へかけて南佐久の谷が眼前(めのまえ)に披(ひら)けております。千曲川 …
作品に特徴的な語句
たもと 可愛かわいい はげ おじ かい めあわ すね おやじ 容貌おもざし いか 生活いき さげ あおむ あつま 微笑にっこり 容貌かおつき じら はて やっと 入替いれけ うずま へい いい 頬冠ほっかぶ あた 過失せい かえっ あげ まず こご たて 白楊どろ ゆす かな おも 最初のっけ 嗚咽すすりあげ あせ すり せなか 何程どのくれえ たわけ ところ わび しょ 弁解いいほど 動作こと 少許ちったあ さが 祖父じじい 断片ちぎれ 何程どんな ぶち 誇張みてくれ なお 好事いいこと やぶ 耳語みみうち 狼狽うろたえ 回復とりかえ 汲々せっせ わけ こぼ 遠近あちこち 大概あらかた しまい ねたま ぷん くれえ 少許ちっと おまけ あおざ 深更おそく 処女おぼこ どこ ひそか ただよ とこ たお 突出つきだし 煙管なたまめ もつ 日中ひるなか こと ごく ほう 蘇生いきかえ 月光つきあかり 往生まい 苦痛くるしさ 氾濫みなぎ かたづ やたら 干魚ひうお 狂乱くるいみだ 記憶おもいで