“俄然”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
がぜん97.6%
にはか0.8%
がば0.8%
にわかに0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかるにその物音に蓉子は目をさまして誰何したので、賊は俄然居直りとなり手にせる出刃庖丁を蓉子の前に突きつけておどかした。
黄昏の告白 (新字新仮名) / 浜尾四郎(著)
盜賊に落し呉んとの了簡ゆゑ一文貰ひの身分にして俄然金策の出來たる又店にて百兩の金が紛失したるは斯樣々々とせて申立ければ其通り双方口書
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
屍を守る見樣で、棒の如く突立つた女は、軈て俄然と身を投て、伏重なつたと思ふと、と僵れて身動も仕無い。
二十三夜 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
双眼鏡を肩に掛け、白いしなやかな手を振って、柔かな靴音をさせる紳士は参事官でした。俄然喇叭の音が谿底から起る。
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)