“双方”のいろいろな読み方と例文
旧字:雙方
読み方割合
そうほう68.4%
さうはう21.1%
さうほう2.6%
そのほう2.6%
どちら2.6%
カタ/\2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は年の若い上に、馬鹿の肝癪持ですから、いっそ双方とも断ってしまったら好いだろうと考えて、その手続きをやり始めたのです。
私の個人主義 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
申さば父の越度となりずば吉三郎は殺さるべし兩方きやうには何事もざれども能々へてかに双方無事にやうの御答
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
『そらい!。』とばかり、ヒタと武村兵曹所謂出刄庖丁つてせて、双方眞赤になつてエンヤ/\と押合つたが勝負かない
花漬売としてこそあなたも約束をなされたれ、詰る所成就覚束なき因縁、男らしゅう思い切られたが双方御為かと存じます、しお辰様には大恩あるあなたを子爵も何でおろそかに思われましょう
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
男はと息をついた。そして謹んで電話をかけて石炭を催促した。石炭と女房と——双方とも回復したやうな嬉しさを感じたのは、それからの十分も経つてからだつた。
双方の中皇命の身に残るのであつた。
万葉集研究 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)