風流仏ふうりゅうぶつ
三尊四天王十二童子十六羅漢さては五百羅漢、までを胸中に蔵めて鉈小刀に彫り浮かべる腕前に、運慶も知らぬ人は讃歎すれども鳥仏師知る身の心耻かしく、其道に志す事深きにつけておのが業の足らざるを恨み、爰日本美 …
作品に特徴的な語句
野分のわけ 修羅しゅら 沢庵たくあん 諏訪すわ 凄味すごみ 女々めめ 祇園ぎおん 鬱憤うっぷん 囲炉裏いろり 石燈籠いしどうろう そそ 藁草履わらぞうり しば 其時そのとき 布子ぬのこ 是等これら 衣物きもの 伊勢いせ 化身けしん 短冊たんざく 音沙汰おとさた 律義りちぎ 蚊遣かや 諸共もろとも 惜気おしげ 掻巻かいまき 不束ふつつか 人非人にんぴにん 和睦わぼく 発心ほっしん 本意ほい 熨斗のし 請合うけあい 護謨ゴム 唐草からくさ 友禅ゆうぜん 生娘きむすめ 襟首えりくび 頓死とんし 大胡坐おおあぐら 無沙汰ぶさた 中々なかなか 石膏せっこう 脊中せなか 馬士まご 屈托くったく 透間すきま 大尽だいじん ほだ しきみ 経帷子きょうかたびら 述懐じゅっかい 面倒めんどう にしん 蒟蒻こんにゃく 貴君あなた 花弁はなびら たね 足掻あがき 仮初かりそめ 雨露うろ のっ 夢現ゆめうつつ 抑々そもそも 鬼子母神きしぼじん 菩薩ぼさつ 三年みとせ 唐辛子とうがらし 片頬かたほ 用捨ようしゃ 手甲てっこう 猥褻みだら 此度このたび 入相いりあい 解脱げだつ 行脚あんぎゃ 音羽おとわ 妙齢としごろ 幾年いくねん 愛娘まなむすめ しお 結縁けちえん 色紙しきし 見廻みまわ 逢瀬おうせ 鉋屑かんなくず たつ 折柄おりから 夜着よぎ 女衒ぜげん 小賢こさか 持前もちまえ 片輪かたわ 生甲斐いきがい 御身おんみ 阿修羅あしゅら 熊野くまの 眼尻まなじり 禁物たちもの