風流仏ふうりゅうぶつ
三尊四天王十二童子十六羅漢さては五百羅漢、までを胸中に蔵めて鉈小刀に彫り浮かべる腕前に、運慶も知らぬ人は讃歎すれども鳥仏師知る身の心耻かしく、其道に志す事深きにつけておのが業の足らざるを恨み、爰日本美術国に生れながら今の世に飛騨の工匠なしと …
作品に特徴的な語句
まく がとう がたく とず じり つく おのずから いか はた やっ ふく すえ とい いけ かゆ あう むい たち はえ かえ あぐ たえ すめ とらえ うむ こっ 真実しんみ くる きら ゆか うばわ ぶた よか いっ たか とら やさ 精霊ばけもの くわ だた いえ もみ かかり そなた つけ よき さむ つき ああ のぶ みずから 形容なりふり はげ ぞんい ほっ 普通なみなみ 一寸ちょと いっ きせ ひややか ぬが えま さげ かね よい いら いき かか とっ なで あたたま ゆく 動作ふるまい 冷笑あざわらい そう いれ かっ おどろく あたえ ぞろ こり しめ こげ 焦躁いらっ つか とめ あだ いる たい つむ きっ このみ あう たた いなみ 此家このいえ おっし 漂泊ただよい いら おり