“仁”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じん66.3%
ひと18.3%
ニン2.9%
ジン2.9%
なさけ1.9%
かた1.0%
さね1.0%
1.0%
にん1.0%
ひとし1.0%
まさ1.0%
まさし1.0%
やさ1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すとか、仁政をくとか——口のさきでは余りいわないそうだが、老公の仁は、老公のする事なす事が自然それになっていた。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ただ今当学校裁縫科の教師たる岡崎総吉と申すこそ下田において松陰を宿泊せしめたる旅亭の主人の子なれば、多少承知致しおらんと。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
彼が平右衛門役者としての素質は、彼自身之を破つて後も、一代彼のにある役柄と言ふべきものになつた。
実川延若讃 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
あのに會うて來た者の話では、豬肥えのした、唯の漢土びとぢやつたげなが、心はまるで、やまとのものと、一つと思ふが、お身なら、うてくれるだらうの。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
こちとらの大家が高い家賃を取上げてに一杯飲ます、こりゃ何もじゃねえ、いわば口塞賄賂さ、を聞くまいための猿轡だ。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
武「なには医者じゃアないが、貴方は何かえ、此の長屋を支配なさる藤兵衞殿と仰しゃるかえ」
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
プラムを食しそのの数をかぞえて吉凶を卜すとし、火箸を炉の前に立てて火をおこすマジナイと称する等、種々のことあり。
欧米各国 政教日記 (新字新仮名) / 井上円了(著)
も暗号書の名で、天は普通暗号、仁は人事に関する暗号である。しかし五郎の口にのぼって来るのは〈暗号符字のまごつきに〉という部分だけであって、あとは元歌通りだ。
幻化 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
昔の高坂橋の南詰に大きな榎樹があった。橙紅色の丸薬のような実の落ち散ったのを拾って噛み砕くと堅い核の中に白いがあってそれが特殊な甘味をもっているのであった。
郷土的味覚 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
私は従弟にあたるという二つ年下の子にあてた手紙を半紙に書いて、折り畳んでに「いとこのひとしちゃんへ」と書いた。
生い立ちの記 (新字新仮名) / 小山清(著)
栗、きぬかつぎ、枝豆、そんなものでも持ちだしたかつたが、せめても、坊がとつて來てくれたお花がきた。薄と紫苑を籠に入れて、床は嵐山渡月橋の幅にかけかへた。
おとづれ (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
の両親とも日本橋生れで、なった母親は山王様の氏子此家は神田の明神様の氏子、どっちにしても御祭礼にはのきく氏子だというと、魚河岸から両国のまでは山王様の氏子だったのが
右の手高く振上には鉄をも砕くべきが気高くしきるるゆる姿、さても水々として柔かそうな裸身らば熱血もりなんを、どうまあ邪見に鬼々しくくあてらるべき
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)