“仁王”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
におう82.1%
にわう17.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今しも、二人づれの兄妹らしい日本人の少年少女が、入口の受付で、仁王さまのように大きいロシア人から、どなりつけられている。
人造人間エフ氏 (新字新仮名) / 海野十三(著)
トビイ・モンクスは、まるで仁王のような大男だ。拳闘で耳がぺちゃんこにつぶれている。鼻も拳闘でぐんと曲がったすごいでこぼこ顔。
柔道と拳闘の転がり試合 (新字新仮名) / 富田常雄(著)
小僧を、根附で、つけて、留桶に、流臺蚊脛をはだけて、せた仁王
銭湯 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
顧みれば瀧口、性質にもあらで形容邊幅に心をめたりしも戀の爲なりき。仁王ともんず六尺の丈夫のみか心さへ衰へて、めゝしき哀れに弓矢の恥を忘れしも戀の爲なりき。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)