“仁王丸”の読み方と例文
読み方割合
におうまる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
尾張御器所の人、堀尾吉久の子で、幼名仁王丸、のち小太郎といい、結髪して茂助と改む——というから、或いは、瑞龍山の山家に土民となっていた頃は、まだ小太郎と称していたかもわからない。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)