“以仁王”の読み方と例文
読み方割合
もちひとおう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
以仁王、源三位頼政等のかねてからの準備も成って、旗挙げの大事も実現に迫った真際に、その計画は、平家の知るところとなってしまった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
平清盛の専横に抗して、頼政をはじめ、伊豆の頼朝、木曾の義仲等源氏の一党が、以仁王令旨を奉じて一斉に挙兵した年である。この前後は東大寺の性質もむろん変っていた。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
行家の国元である新宮の武士たちの動きから、以仁王をめぐる計画の全貌が、すっかり平家へ洩れてしまったのである。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)