“真際”のいろいろな読み方と例文
旧字:眞際
読み方割合
まぎわ88.9%
まぎは11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今朝送り出した真際は一時に迫って、妄想の転変が至極迅速であッたが、落ちつくにつれて、一事についての妄想が長くかつ深くなッて来た。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
それでも、息を引きとる真際まで、うれしそうに、おれの両手を握りしめていたが——その顔は、今も忘れられねえんだ——
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
お互に伯林を立たうと思つてゐる真際に、あの男は着いたので、一寸逢つただつたらう。
魔睡 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)