“まぎわ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
間際90.3%
真際8.6%
生際1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
めいめいがもう帰る間際であったらしく洗った道具を携えていた。そして何かがやがやいっていたが、その中から一人の僧が出て来て
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それでも、息を引きとる真際まで、うれしそうに、おれの両手を握りしめていたが——その顔は、今も忘れられねえんだ——
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
警部補の発言で、人々は自動車を捨てて谷際へ立った。ヘッド・ライトの光の中へ屈み込んで調べると、間もなく道端の芝草の生際に、クーペが谷へ滑り込んだそれらしい痕がみつかった。
白妖 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)