宮本武蔵みやもとむさし06 空の巻06 そらのまき
木曾路へはいると、随所にまだ雪が見られる。 峠の凹みから、薙刀なりに走っている白い閃きは、駒ヶ岳の雪のヒダであり、仄紅い木々の芽を透かして彼方に見える白い斑のものは、御岳の肌だった。 だがもう畑や往来 …
作品に特徴的な語句
信濃しなの 小鬢こびん 気魄きはく はまぐり 対峙たいじ 牡蠣かき 深傷ふかで 脾腹ひばら やじり 女々めめ 通夜つや 諏訪すわ 陸奥みちのく 突兀とっこつ 輿入こしいれ 反身そりみ 羽目はめ 沢庵たくあん 祇園ぎおん 立場たてば よし 高輪たかなわ うし 白刃しらは 蔓草つるくさ 足利あしかが 嘆息ためいき 浅間せんげん ちん 小豆あずき 爛々らんらん かも まこと 木樵きこり 烏滸おこ 馴々なれなれ 脇息きょうそく くりや 従弟いとこ 秩父ちちぶ 閑暇ひま 孤児みなしご 嗅覚きゅうかく 揉手もみで なまず 仮借かしゃく 淋漓りんり 膏薬こうやく 夕靄ゆうもや 木挽こびき 無碍むげ ぬか 淙々そうそう 釣竿つりざお さかい はく 枇杷びわ 檀家だんか 馬子まご 傾城けいせい 冥土めいど 初手しょて 嫡子ちゃくし 木挽町こびきちょう 木魂こだま 雑鬧ざっとう 些事さじ 叡山えいざん 思惑おもわく 翻弄ほんろう やぶ 一叢ひとむら 昏々こんこん 田圃道たんぼみち 伺候しこう くわ 慴伏しょうふく 浪華なにわ 生唾なまつば 胡魔化ごまか 茅葺かやぶき 泥鰌どじょう 発作ほっさ 一棟ひとむね 海鼠なまこ びた かご 時刻ころ たね 両人ふたり 経文きょうもん かんざし 焼酎しょうちゅう ふる 菩薩ぼさつ 中年増ちゅうどしま 意嚮いこう 曲輪くるわ
題名が同じ作品
宮本武蔵:01 序、はしがき (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
PR