“洪水”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こうずい51.9%
こうずゐ13.0%
おおみず12.2%
おほみづ9.2%
でみず5.3%
みず3.8%
でみづ1.5%
みづ0.8%
こうづゐ0.8%
こうすゐ0.8%
みづまし0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
全く神田明神をめぐって人間の洪水のようなもので、その中を一刻泳ぎ廻ったところで、誰も見知り人などがあるはずもありません。
全く神田明神をめぐつて人間の洪水のやうなもので、その中を一刻泳ぎ廻つたところで、誰も見知り人などがある筈もありません。
それから三日目の朝のこと、笛吹川の洪水も大部分は引いてしまった荒れあとの岸を、彷徨っている一人の女がありました。
大菩薩峠:17 黒業白業の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
何でも上州辺のある沼に鯰をうんと飼つてゐた、それが洪水に押し流されて、河にち込んだのが、流れ流れて両国川に入つて来たのだといふ事だ。
干潮の時は見るもで、宛然洪水のあとの如く、何時てた世帯道具やら、欠擂鉢が黒く沈んで、のような水草は波の随意いて居る。
三尺角 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
手を放すなといって滝太郎が水を含んで吐いた時、お雪は洪水の上に乗上って、乗着いて、滝太郎に頬摺したが
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
干潮るもで、宛然洪水のあとのく、何時てた世帶道具やら、缺擂鉢むで、のやうな水草隨意いてる。
三尺角 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
れまあ、勘次等にもまねえつちつてつさ、わし洪水でねえ」おつたは風呂敷南京米をきりつとんだ。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ごらんなさい あそこを いま火星人洪水避難してゐます
と此の川下へ出たら、何うだえ貴方此間洪水に流れたと見えて橋が無いといふ騒ぎぢやないか。それからまた半里も斯うして上つて来た。
(新字旧仮名) / 石川啄木(著)