三尺角さんじゃくかく
「…………」 山には木樵唄、水には船唄、驛路には馬子の唄、渠等はこれを以て心を慰め、勞を休め、我が身を忘れて屈託なく其業に服するので、恰も時計が動く毎にセコンドが鳴るやうなものであらう。また其がために勢を増し、力を得ることは、戰に鯨波を擧げ …
作品に特徴的な語句
わかい きつ あた しばだた おの 頬冠ほゝかむり すゞし 取着とツつき 父親ちやん 父上ちやん 父上おとつさん ぎり このみ 見透みとほし 筋違すぢつかひ おほき 洪水でみづ ぢやう ひく 爺々ちやん きまり せゐ 種々いろん ちひさ いで うへ とほり さが うしろ 中央ちうあう そん ゑみ 爺婆ぢゞばゞ 父親ちゝおや きは 匍匐はらばひ なゝ かゝ 仰向あをむ うさ たゝかひ をれ さかしま うねり おほ ぐわう 見通みとほし 上下じやうげ さびし 道理もつとも あはれ 矢張やつぱり あら 父爺ちやん げふ まへ あが なり かへ はづ しほ てう ゆは いへ 水底みづそこ ちひ をんな ことば そゝ 小波さゝなみ そら すく じやく 夥多おびたゞ とほ 干潮かんてう 突立つツた さみし ぞこ 此方こつち たゞ むき うづま きふ にほひ あひだ がち しを 眞個ほんと ひゞき 頬摺ほゝずり りう あかる わざ
題名が同じ作品
三尺角 (新字新仮名)泉鏡花 (著)